シャンプーの目的と選び方

育毛にはアミノ酸シャンプーの一択

薄毛を予防・改善を目指すならば皮脂を落とす洗浄力の優しい「アミノ酸系」の洗浄成分で作られているシャンプーを選びましょう。
アミノ酸系の洗浄成分は「ココイルグルタミン酸」や「コミカドプロピルベタイン」などと成分表に書かれています。
代表的なものでコミカドプロピルベタインがありますが、天然成分で頭皮に優しく髪に対しても柔軟効果があります。

育毛にはアミノ酸シャンプーの一択

薄毛を予防・改善を目指すならば皮脂を落とす洗浄力の優しい「アミノ酸系」の洗浄成分で作られているシャンプーを選びましょう。
アミノ酸系の洗浄成分は「ココイルグルタミン酸」や「コミカドプロピルベタイン」などと成分表に書かれています。
代表的なものでコミカドプロピルベタインがありますが、天然成分で頭皮に優しく髪に対しても柔軟効果があります。


避けるべきはこんなシャンプー

安価なシャンプーに良く使われているラウリル硫酸ナトリウムを洗浄成分として書かれているシャンプーは頭皮への刺激が強く、薄毛を気にされる方は避けるべきです。
石油が原料のため、とてもよく皮脂を落とすのですが、必要な皮脂まで落としすぎてしまい、頭皮トラブルや抜け毛の原因となることがあります。
また、皮脂を落としすぎて頭皮の内面が乾燥すると、時間が経つにつれてどんどん頭皮の表面は皮脂でベタベタになってしまい、これも抜け毛の原因になります。


避けるべきはこんなシャンプー

安価なシャンプーに良く使われているラウリル硫酸ナトリウムを洗浄成分として書かれているシャンプーは頭皮への刺激が強く、薄毛を気にされる方は避けるべきです。
石油が原料のため、とてもよく皮脂を落とすのですが、必要な皮脂まで落としすぎてしまい、頭皮トラブルや抜け毛の原因となることがあります。
また、皮脂を落としすぎて頭皮の内面が乾燥すると、時間が経つにつれてどんどん頭皮の表面は皮脂でベタベタになってしまい、これも抜け毛の原因になります。



なぜアミノ酸系シャンプーが良いのか?

アミノ酸は、人間の皮膚、毛髪、内臓、細胞などのもとになるたんぱく質を構成している成分です。
人間の体の約60%は水分、20%がたんぱく質、残りが糖分や脂肪でできていますが、この20%のたんぱく質を分解していくと、20種類のアミノ酸になります。
人間が絶えず必要としているアミノ酸は、皮膚、頭皮、毛髪に刺激が少なく敏感肌、アトピーや抜け毛に悩む方にも効果的です。
頭皮や毛髪に必要な成分を残したままにしておくことができ、アミノ酸自体が頭皮や毛髪に浸透し頭皮環境を修復したり、痛んだ毛髪を修復する効果もあるとされています。

なぜアミノ酸系シャンプーが良いのか?

アミノ酸は、人間の皮膚、毛髪、内臓、細胞などのもとになるたんぱく質を構成している成分です。
人間の体の約60%は水分、20%がたんぱく質、残りが糖分や脂肪でできていますが、この20%のたんぱく質を分解していくと、20種類のアミノ酸になります。
人間が絶えず必要としているアミノ酸は、皮膚、頭皮、毛髪に刺激が少なく敏感肌、アトピーや抜け毛に悩む方にも効果的です。
頭皮や毛髪に必要な成分を残したままにしておくことができ、アミノ酸自体が頭皮や毛髪に浸透し頭皮環境を修復したり、痛んだ毛髪を修復する効果もあるとされています。