シャンプーの役割と正しいシャンプーの方法

薄毛や抜け毛の予防や改善には、まず頭皮の環境を清潔にすることが大切です。
シャンプーは人によって行う頻度は違うと思いますが、薄毛を気にしている人にとってはかなり重要なんです。

薄毛の人がシャンプーを意識しなければいけない理由は、「頭皮の汚れを落とすこと」です。
シャンプーを行わないと、頭皮に汚れが溜まっていき、毛穴をふさぐようになってしまいます。
この状態は、髪に十分な栄養が行き届かず、頭皮の健康状態を悪化させ、髪にとって大きな悪影響を与えます。

また、効果的なシャンプーで正しい方法で行わないと、逆に薄毛や抜け毛の原因になることがあるので注意が必要です。
このページでは正しいシャンプーの方法についてご紹介します。

ステップ1:髪のもつれをほぐす

正しいシャンプーでの頭皮ケアは、まず髪のもつれをほぐすところから。
目が粗く柔らかいクシやブラシでシャンプー前に約1分ほどブラッシングしてもつれをほぐしてあげましょう。ほこりを落とすだけでなく、頭皮の汚れを落としやすくするという効果もあります。

ステップ1:髪のもつれをほぐす

正しいシャンプーでの頭皮ケアは、まず髪のもつれをほぐすところから。
目が粗く柔らかいクシやブラシでシャンプー前に約1分ほどブラッシングしてもつれをほぐしてあげましょう。ほこりを落とすだけでなく、頭皮の汚れを落としやすくするという効果もあります。


ステップ2:お湯でしっかり洗う

シャンプー前に約2分ほどしっかりと髪をすすぎ、指の腹で洗い流します。
頭皮全体が濡れていることがポイントです。実はこれだけでも髪の汚れは半分以上落ちているんです!

ステップ2:お湯でしっかり洗う

シャンプー前に約2分ほどしっかりと髪をすすぎ、指の腹で洗い流します。
頭皮全体が濡れていることがポイントです。実はこれだけでも髪の汚れは半分以上落ちているんです!


ステップ3:よく洗い流す

シャンプーは500円玉サイズ(もしくは、ボトルに書いてある通りのメーカー推奨)の量を手のひらにとり、生え際から頭頂部に向けて、頭皮を直接揉み込むイメージでなじませます。マッサージする感覚で洗っていくことで、血行促進にもつながります。

ステップ3:よく洗い流す

シャンプーは500円玉サイズ(もしくは、ボトルに書いてある通りのメーカー推奨)の量を手のひらにとり、生え際から頭頂部に向けて、頭皮を直接揉み込むイメージでなじませます。マッサージする感覚で洗っていくことで、血行促進にもつながります。


ステップ4:タオルドライ後ドライヤーで乾かす

タオルドライでしっかりと水分をふき取ってから、ドライヤーで髪の毛から20cmほど離してしっかりと頭皮を乾かします。
自然乾燥などで頭皮が湿っていると雑菌が繁殖してフケやにおいの原因になることもあるので、必ずドライヤーで乾かしましょう。

ステップ4:タオルドライ後ドライヤーで乾かす

タオルドライでしっかりと水分をふき取ってから、ドライヤーで髪の毛から20cmほど離してしっかりと頭皮を乾かします。
自然乾燥などで頭皮が湿っていると雑菌が繁殖してフケやにおいの原因になることもあるので、必ずドライヤーで乾かしましょう。