薄毛とシャンプーの関連性

毛が抜ける原因の本質は「男性ホルモン」の影響による「ヘアサイクルの乱れ」です。

「洗い方」や「シャンプーそのものの違い」によって、頭皮環境を良くない状態にさせてしまうとヘアサイクルが乱れ、薄毛の原因となります。
このページでは薄毛への配慮も含め、シャンプーで気をつけておくべきポイントをご紹介します。

洗い方への配慮

髪を洗う時のお湯の温度も頭皮環境に影響を与えます。
熱過ぎるお湯は、頭皮の皮脂やうるおいを必要以上に落としてしまい、地肌の乾燥の原因となります。
熱過ぎず、ぬる過ぎない理想的な温度とされるのが「38℃前後」です。
頭皮が乾燥すると、フケなどを生じやすくなりますので、温度を意識しましょう。

洗い方への配慮

髪を洗う時のお湯の温度も頭皮環境に影響を与えます。
熱過ぎるお湯は、頭皮の皮脂やうるおいを必要以上に落としてしまい、地肌の乾燥の原因となります。
熱過ぎず、ぬる過ぎない理想的な温度とされるのが「38℃前後」です。
頭皮が乾燥すると、フケなどを生じやすくなりますので、温度を意識しましょう。


シャンプーの使用量に配慮

シャンプーがなかなか泡立たないことを理由に、何度もシャンプーの原液を頭皮にかけてしまう場合があると思いますが、これも決して良くありません。
まずシャンプーを使う前に一度お湯で頭皮を軽くマッサージしながら洗いましょう。
こうすると、シャンプーは少ない量でも泡立ちやすくなり、過度なシャンプーで必要以上に脂分を落としすぎてしまうことを防止できます。

シャンプーの使用量に配慮

シャンプーがなかなか泡立たないことを理由に、何度もシャンプーの原液を頭皮にかけてしまう場合があると思いますが、これも決して良くありません。
まずシャンプーを使う前に一度お湯で頭皮を軽くマッサージしながら洗いましょう。
こうすると、シャンプーは少ない量でも泡立ちやすくなり、過度なシャンプーで必要以上に脂分を落としすぎてしまうことを防止できます。


すすぎが重要

シャンプーが原因で頭皮にトラブルを抱える場合、その多くは「シャンプー後のすすぎが不十分」であることが原因です。
シャンプーには頭皮の脂分を落とす作用がありますが、シャンプー自体を綺麗に流し切れていない場合、残ったシャンプーが逆に毛穴付近の汚れを生み出してしまいます。
これは毛の発育自体にも悪影響を及ぼしますので、シャンプーの際は必ず「きっちりとすすぐこと」を心がけてください。

すすぎが重要

シャンプーが原因で頭皮にトラブルを抱える場合、その多くは「シャンプー後のすすぎが不十分」であることが原因です。
シャンプーには頭皮の脂分を落とす作用がありますが、シャンプー自体を綺麗に流し切れていない場合、残ったシャンプーが逆に毛穴付近の汚れを生み出してしまいます。
これは毛の発育自体にも悪影響を及ぼしますので、シャンプーの際は必ず「きっちりとすすぐこと」を心がけてください。